老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

嫌な人を批判したくなる・・・それってもしかしたら「違い」が気に入らないのかもー 『タオのひけつ』より

こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

人間生きていれば、
嫌な事にも出会うし
合わない人にも出会います。

 

 

ですが、避けてとおれない。

 

 

陰陽の調和で
善人がいたら
悪人がいるように


嫌な事
嫌な人

 

 

って、なくならないのだそうです!!

 

 

なんでだと思います?

 

 

この世の中の価値基準って
すべて比較でなりたっているらしく・・・・

 

なにかと比べて

 

  • 美人だー
  • いい人だ―
  • 背が高いー
  • 若いー
  • 成績がいいー
  • いい会社にいってるー
  • 営業が得意ー
  • 接客のオニー
  • お小遣いが多いー
  • 髪が黒いー
  • 足が長いー
  • 細いー

 

となるわけです。

 

 

比較について詳しくは、老子道徳経の読み方
「美はまた醜なり」の感想記事をごらんください。

hayashimabookshop.hatenablog.com

ですから、人と比べて
批判することの無意味さを『タオのひけつ』
では、こんな言葉で表しています。

 

 

大切なのは、
他人を批判するのではなく、
自分を変えること

 


嫌な人を批判しても
嫌な事をグチっても、

 


一時的にスッキリするだけで、
なんの解決にもならない。

 
 
それよりも、気持ちを切り替えて
次の手を考えるほうが、ずっと、前向き。


あ、でも女性は
話すことで発散になるらしいので
 
 
それで、前向きになり
進めるのなら、もしかしたらいいのかもしれないですね~
 


いずれにせよ、

 
大切なのは、違いを正しい、正しくないで
批判するのは、時間のむだ~というところなのでしょうか。
 
 
大切なのは、
他人を批判するのではなく、
自分を変えること
 
タオのひけつ、とっても読みやすい「タオ」の本です。

f:id:noboru0324:20160401140239j:plain