読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

老子に現実的なヒントを求めている方に人気の『定本「老子道徳経」の読み方』

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 老子とか哲学とか思想とか というと、とても難しそうに感じませんか? ・・・・感じるというか、実際、解釈が難しいのものが多いと感じます。 簡単!と、うたってあっても表現が、ぼんやりしていたり…

花はそれぞれ互いに嫉妬しないー老子の無用の用

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 以前見ていた番組で、ハッとするお話しがありました。お坊さんが、苦行中に限界ギリギリまでいった時地面に倒れ込み目の前に見えた、大きな花と、小さな花それを見て、ふと悟ったんだそうです。「花…

黒田官兵衛と老子

黒田官兵衛と老子 | 少し前の話しになりますが,2014年大河ドラマの『軍師 官兵衛』、主役の黒田官兵衛の出家後の名前『如水』が、老子の有名な言葉、『上善は水の如し』からとったと聞いてから、たまらなく楽しみになり、毎週楽しみにみていました。

NHKオイコノミア「競争の意外なメリット」を経済学で~又吉さんの番組にEXILEのMAKIDAIさんが出演?!

1月18日の『NHKオイコノミア』で「競争しないとダメですか?」の放送があるそうです!すぐに思い出したのが『老子の兵法』。「定本・老子道徳経の読み方」の言葉をご覧ください。

人生を最高に生きる81章 がここにある【定本「老子道徳経」の読み方】が、12月のオススメ本!

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 12月のオススメ本は、『定本「老子道徳経」の読み方』です! 早島天來(正雄) 著 刊行の言葉 : 早島妙聴 解説 : 林中鹏 定価(税抜)10,000円 出版社:日本道観出版局 ▶Amazon店 定本「老子道徳…

歴史好きなかた、知識だけでは物足りない方などにオススメ『定本「老子道徳経」の読み方』ー日本道観出版局ー

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 日本道観出版局刊の『定本「老子道徳経」の読み方』をご紹介をいたします。 老子や哲学や思想などというと、すごく難しそうに感じますね。 感じるというか、実際難解なものが多い、というのが、正解…

自分で良かったなーと思う時ありますか?─ 老子道徳経の読み方より

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 「完璧」には、程遠い私ですが、 やっぱり、私で良かったな~と、最近思うのです。 何も失敗することのない 上手くいってばかりの人生なんて、 面白くないなと、感じます。 色々あるから、楽しいし …

和光同塵 【定本・老子道徳経の読み方 第四章より】

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 「定本・老子道徳経の読み方」を読んでいます。 老子道徳経 四章 原文 道は冲にして、之を用うればあるいは盈たず。 淵として万物の宗たるに似たり。其の鋭を挫き、その粉を解き、其の光を和らげ、其…

欲望は争いのもと 【定本・老子道徳経の読み方 第三章より】

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 「定本・老子道徳経の読み方」の三章を読んだ感想です。 老子道徳経 三章 原文 賢を尚ばざれば、民をして争わざしむ。得難きの貨を貴ばざれば、民をして盗を為さざしむ。欲すべきを見さざれば、民の…

美はまた醜なり 【定本・老子道徳経の読み方 第二章より】

こんにちは、TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 「定本・老子道徳経の読み方」を読んでいます。今回は、二章です。 老子道徳経 二章 原文 天下みな美の美たるを知る、これ悪のみ。みな善の善を知る、斯れ不善のみ。 故に有と無と相い生じ、難と易と…

「人の道」と「天の道」 【定本・老子道徳経の読み方 第一章より】

「人の道」と「天の道」 定本・老子道徳経の読み方 第一章より─老子道徳経の第一章には、読むにあたって一番大事な、「道」の事が集約されていると早島天來の 「定本・老子道徳経の読み方」では始まっています。

「定本・老子道徳経の読み方」ってどんな本?

「定本・老子道徳経の読み方」は、20年以上前に、リュウセレクションから発行された「老子道徳経」の読み方―人生を最高に生きる81章 をさらに充実した内容で、日本道観出版局より定本として出版したものです。

三国志の中に息づく【老子】の思想を、追いかけてみました①

TAOのの本専門店、早島ブックショップです。 今、講談社から三国志のDVDが発売されているそうで、よくCMを目にします。 個人的にも歴史あるものが好きなので三国志は、取り立てて詳しくはありませんが、ちょっと興味をそそられる話題ではありますので注目し…