読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

気力がビジネスの勝敗を左右する! 今月の本『運を呼び込む「気」のパワー』立ち読み

運を呼び込む気のパワー 今月のおすすめ本 ==気をビジネスにいかす==

こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

f:id:noboru0324:20160108162052g:plain

運を呼び込む「気」のパワー

 

 

例えば、同じような実力で勝負をかける時
鍵を握るのは、『気』の力だそうです。



そう、気力。


それを、自在に、自分の思いどおりに
使うことができたなら、



あなたの人生が、大きく変わると思いませんか?

 

 

今月の本
運を呼び込む「気」のパワー』では



ビジネスに焦点を置いた、
『気』の使い方が多く掲載されています。


まずは、一部立ち読みをご紹介いたします。

 

 

+。::゜。:.゜。+。。+.。゜:;。+゜+。::゜。:.゜。+。。+

 

気力人間は戦う前からすでに相手を制している

 

ビジネス戦争という言葉もあるように、
ビジネスには戦いがつきものだ。

 


天下分け目の一戦という場合には、
乾坤一擲(けんこんいってき)、気合を入れ て臨むことが大切になる。

 


戦いは、「気」と「気」の
力くらべといった一面も持っている。

 


相手を飲むくらいの「気」があれば、
戦う前からすでに勝敗はあった ようなものだ。

 


昔の武道家は、
試合の前に立ち小便をするのが習わしだった。

 


小便が勢いよく出て、泡立っているようなら
「この試合は絶対、勝てる!」
と確信できたか らだ。

 


勢いによって、
その日の「気」の強さをはかっていたのだが、

 


「気」が勝者敗者の明暗を分けることを、
動物的な勘で知っていたわけだ。

 


早くから天才棋士の呼び名が高く、
将棋界のビッグタイトル七つのうち、

 


竜王、名人、棋聖、王位、王座、棋王の六冠を制し、
弱冠二十三歳にして、将棋界の トップに君臨しているのが羽生善治氏。

 


彼は、一分間に三百手から四百手を読むという、
凡人には想像もつかない頭脳の持ち主だ。

 


だが、世の中には優れた才能も多く、
将棋界には羽生氏と同じぐらいの力を持つ天才予備軍も数多くいるらしい。

 


そんな中で、なぜ、羽生氏が
飛び抜けた力を発揮するようになったのだろうか。

 


その謎を解く答えは、「気」にあった。

 

 

運を呼び込む「気」のパワー』より

 

+。::゜。:.゜。+。。+.。゜:;。+゜+。::゜。:.゜。+。。+

 

なにかに、ひいでていたり
成功者と呼ばれるような人は、



無意識に気の使い方が、
うまいのだと聞きます。



その無意識が、なかなかできないのなら
意識的に気の使い方を、覚えられる本が



運を呼び込む「気」のパワー

 

 

ぜひ、ご覧ください。

 

f:id:noboru0324:20160120153100p:plain