老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

9月のおすすめ本☆老子に学ぶ本当の豊かさ「本物をつかむ秋」におすすめの「タオのひけつ」

こんにちは!
TAOの本専門店『早島BOOKSHOP』です。

 

 

まだまだ気温は高いですが

 


ふと感じる風に、
少し高くなった空に、
秋の始まりを感じ

 


改めて

 


四季がある日本にうまれ
日本人で良かったな~
と思いました。

 


さて、
道家で「秋」といえば、
「本物をつかむ秋」です。

 


以前のテレビ番組でも
秋には、なにか特別な物質が出ていて

 


「深める」ことに
向いている季節だ

 


と言っていて
なるほどな~と
思った事があります。

 


ぜひ、この秋は
興味だけで終わらせず

 


深めて、
本物をつかみませんか?

 


ぜひ最後までご覧くださいね。

 

f:id:noboru0324:20180901162225j:plain

 

 

「タオのひけつ」書籍紹介

 

タオのひけつ』は、

 


老荘の思想を
わかりやすくひも解いた

 


現代人の為の
タオイズムです。

 


色々な思想や、
教えと呼ばれるようなものは

 


知っているというだけでなく
実際に人生に活かし、

 


現実の仕事や、
人間関係などに活用し、

 


人生に役立ってこそ、
本当の知恵と
言えるのではないでしょうか。

 


著者も、
このように語っています。

 

 

現代はあれこれ
頭で考えすぎて


行動をしない人が多いのですが、


思想や
考え方というものは、
それが真理ならば、


実際に日々行じられて
人生に役立ってこそ、


本当の意味が
あるのではないでしょうか。


── タオのひけつ
道は用いてはじめて価値が生じる より

 

 


では、老子の有名な言葉
「上善は水の如し」を

 


生活にいかすには
どうしたらいいか、

 


タオのひけつ」第七章の

 


「器に沿う水のように」から
ご紹介いたします。

 

 

+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+


器に沿う水のように

+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+


「上善は水の如し」
という言葉は、


「水はよく万物を利して争わず」
と続きます。


もっとも尊い善とは、
水のようであって形がありません。


だから
コーヒーカップの中に入れば
カップの形になり、


川ならば
さらさらと流れます。


隙間のある容器に入れれば、
どんなに小さな穴でも、


そこからちゃんと通り抜けますし、


大きな船を浮かべる
大海にもなります。


一度猛り狂ったならば、
村ひとつを
流してしまうほどの力もあります。


「水になる」というのは、


この自由自在な水のように、


自分らしくありながら、
まず相手に沿うという、


融通無碍(ゆうずうむげ)の生き方、
考え方です。

 

たとえば、
上司と意見の相違があったとしても、


「違うでしょ、そんなはずはありません」


などと
あらがわないことです。


そうではなく、
まず、「ああ、そうですね」と、


上司という“器”に
いったん沿ってみるのです。

 

 


「上善は水の如し」が
とてもわかりやすく

 


今日から、
実生活にいかせそうですね!

 


そして
書籍「タオのひけつ」を
お持ちの方は

 


もう一度 読み返し
他の言葉も心にとめつつ
生活してみてはいかがでしょうか?

 


1年後、驚くような自分に
出会えるかも知れないですね。

 

 

タオのひけつ 書籍情報

 

タオのひけつ

心とからだを改造し、
運命を自分で切りひらく『タオ』の法則
早島妙瑞 著
定価(税抜)1,800円
ISBNコード:
ISBN-10: 4054047351
ISBN-13: 978-4054047358
出版社:学研パブリッシング

f:id:noboru0324:20180412143206p:plain


 

Amazonでも購入いただけます。

タオのひけつ―無為自然の心と身体が人生をひらく

タオのひけつ―無為自然の心と身体が人生をひらく