読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

花はそれぞれ互いに嫉妬しないー老子の無用の用

老子道徳経の読み方
 
 
以前見ていた番組で、
ハッとするお話しがありました。



お坊さんが、苦行中に
限界ギリギリまでいった時



地面に倒れ込み
目の前に見えた、大きな花と、小さな花



それを見て、ふと
悟ったんだそうです。



「花はそれぞれ互いに嫉妬しない」

 

 

ああ。
これ、タオの言葉だなと思いました。



日本の仏教は、
中国を経て日本にやってきたので
 
 

とってもタオの思想の影響を
受けていると聞いていますが、



それを、ぐっと実感させてもらえた気がしました。
 
 
 

あの人のことを妬んだり
この人のことを羨んだり
自分のことを卑下したり

 
 
 
こういったことは、
自然じゃない。
 
 
 
自分が辛くなるから、やめよう。
あなたには、誰にもマネできない魅力があるよ。
 
 
 
と、言っているように、聞こえました。
 
 
 
老子道徳経
「無用の用」は、知っていますか?



むだだな~
必要ないな~



というものは、この世にないそうです。
一見無駄のように見えて、
役に立たないように見えるけれども
何の役にも立たないものなどないそうなのです。
 
 

それを、樹木に例えて
このように表現しています。



まっすぐで、幹も太い樹木は
みんな、いい~ステキ~というけど、そういう樹木は、



色々利用できるから、すぐに切られてしまう。



でも、あっちこっち曲がって、
太かったり細かったり・・・・こんな樹木は



なんにも使えないから、
切られることなく、天寿をまっとうする。



どっちがいいかは、わからない



ステキと思っていても
それが、みんなにステキかどうかなんて、わからないし



ましてや立場や環境がが違えば、
そのステキさは、変わるので


 
人間が思う価値観や、誰かの考えに左右されて
嫉妬したりするのは、



意味がない



と、いう感じでは、ないかと思っています。
 
 
 
ですから、
『花はそれぞれ互いに嫉妬しない』というのは、
 
 
 
人の考えは、人それそれ、
人の好みも人どれぞれ



あなたには、あなただけの魅力と、価値があり
この世界で、無駄な命なんてないんだよ、
と言っているように、聞こえるのです。

 

老子道徳経の読み方、無用の用を読んでみませんか?
 

f:id:noboru0324:20170117144505p:plain