老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

徳川季世時代  『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』もくじ

こんにちは

TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

 

『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』 もくじ
『徳川季世時代』の ご紹介をいたします。

 

f:id:noboru0324:20160801124853g:plain

 

 東洋医学を積極的に吸収し、
多くの先人たちが努力を積み重ね、

 

 

独自の発展を遂げてきた、
日本の漢方医学は「皇漢医学」と呼ばれる。

 

 

長い歴史の中で研鑽がなされてきた、
中国と日本の医学に関して、
内外の膨大な文献を収集し、読破したうえ、

 

 

心と体の健康法である「導引」を大きな柱とし、
多数の図版も添えて、

 

 

世界的な視野から具体的に解説した幻の名著を、
このたび定本として刊行。

 

 


≪徳川季世時代≫ 一七八九年(寛政元年)~一八六七年(慶応三年) 『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』もくじ 

 

  • 賀川有斎が 『産道口訣竝手術解』 を著した。
  • 吉益南涯が“気血水論”を唱える
  • 藤林良伯が『按摩手引』を著した
  • 南陽が『叢桂亭医事小言』七巻を著した
  • 二宮彦可が『正骨篇』二巻を著した
  • 各務(かがみ)文獻が『整骨新書』三巻を著した
  • 平田篤胤が『志都乃石室(しづのいわや)』(一名『医道大意』)二巻を著した
  • 和気惟享が『養性録』を著し、導引按?というのは『内経』にも中央の国より発生した良術であり、医たる者は心得るべきであると説いた
  • 和田東廓の『蕉窓雑話』五巻が刊行された
  • 華岡青洲紀州藩医官となる
  • 太田晋斎が『按腹図解』を著した
  • 平野元良が『病家須知』八巻を著した

 

 

 

f:id:noboru0324:20161023081332p:plain

 

 

°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。

早島BOOKSHOPでは、
毎月1日に無料メルマガを、配信中です。
早島BOOKSHOPメールマガジン

 °+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。