老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

徳川中世時代  『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』もくじ

こんにちは

TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

 

『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』 もくじ
『徳川中世時代』の ご紹介をいたします。

 

f:id:noboru0324:20160801124853g:plain

 

 東洋医学を積極的に吸収し、
多くの先人たちが努力を積み重ね、

 

 

独自の発展を遂げてきた、
日本の漢方医学は「皇漢医学」と呼ばれる。

 

 

長い歴史の中で研鑽がなされてきた、
中国と日本の医学に関して、
内外の膨大な文献を収集し、読破したうえ、

 

 

心と体の健康法である「導引」を大きな柱とし、
多数の図版も添えて、

 

 

世界的な視野から具体的に解説した幻の名著を、
このたび定本として刊行。

 

 


≪徳川中世時代≫ 一七一六年(正徳六年)~一七八八年(天明八年) 『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』もくじ 

 

  • 香月牛山が『老人必用養草』五巻を著した
  • 香川修庵が『一本堂薬選』四巻を著した
  • 河合尚久が『無寃録述』二巻を著した。これをわが国における法医学書の始まりとする
  • 吉益東洞が『万病一毒、衆薬皆毒物』説を唱える
  • 鉄斎流導引(按摩)の開祖である鉄斎老婆が没した
  • 山脇東洋が初めて刑死を解剖、『蔵志』の書物によってまとめられた
  • 白隠の『夜船閑話(やせんかんな)』を刊行する
  • 野呂元丈が没した。『和蘭本草和解』は西洋本草学の始めとする
  • 多紀元孝が医学校躋寿館を神田佐久間町に建てる。これより後、日本各地にかおいて医学教育が盛んになる
  • 賀川玄悦が『産論』四巻を著した
  • 小川顕道が“病に死せずして医に死す”の『養生?』二巻を著した
  • 杉田玄伯が『解体新書』四巻を著した
  • 賀川玄迪が『産論翼』二巻を著した

 

 

 

f:id:noboru0324:20161023081332p:plain

 

 

°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。

早島BOOKSHOPでは、
毎月1日に無料メルマガを、配信中です。
早島BOOKSHOPメールマガジン

 °+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。