老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

奈良朝以前時代 『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』 もくじ

こんにちは

TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

 

『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』 もくじ
『まえがき~上古時代』の ご紹介をいたします。

 

f:id:noboru0324:20160801124853g:plain

 

 東洋医学を積極的に吸収し、
多くの先人たちが努力を積み重ね、

 

 

独自の発展を遂げてきた、
日本の漢方医学は「皇漢医学」と呼ばれる。

 

 

長い歴史の中で研鑽がなされてきた、
中国と日本の医学に関して、
内外の膨大な文献を収集し、読破したうえ、

 

 

心と体の健康法である「導引」を大きな柱とし、
多数の図版も添えて、

 

 

世界的な視野から具体的に解説した幻の名著を、
このたび定本として刊行。

 

 


≪奈良朝以前時代≫ 紀元前五六年~七〇一年(大宝元年) 『定本・東洋医学通史 ≪漢方・針灸・導引医学の史的考察≫』もくじ 

 

  • 西洋に守法学派、電気学派などが現われた
  • 後漢の建安二二年、張機が漢方医の必読書『傷寒論』十巻を著した
  • 後漢の建安二二年、張仲景『金匱(きんきょう)要略』六巻を著した
  • 蜀の建興一二年、鄧処中が『華陀中蔵経』を校刊する
  • 『華陀五禽の戯』解説
  • 百済王仁が『千字文』を朝廷に献上した
  • 斉の永元二年、陶弘景が『肘後(ちゅうご)急卒方』を注釈し『肘後百一方』と名づけた
  • 百済の僧観勒が来日し、暦書、天文、遁甲、方術の書を朝廷に献上した
  • 隋の大業六年、巣元方らは勅命により、導引の聖典『諸病源候論』五〇巻を撰した。これより後の世の人で、本書より導引を採用しない者はいない
  • 唐の永淳元年、『千金方』『千金翼方』の著者、孫思?(そんしばく)が没した。年齢は一〇〇歳以上といわれる
  • 『天竺按摩法』解説
  • 『調気の法』解説
  • 大宝律令』が完成、中務省に内薬司が置かれた。その時、按摩博士は一人で、按摩生の教授にあたる

 

 

 

f:id:noboru0324:20161023081332p:plain

 

 

°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。

早島BOOKSHOPでは、
毎月1日に無料メルマガを、配信中です。
早島BOOKSHOPメールマガジン

 °+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+°。