読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

「助けて!きわめびと」雑談力の放送が、本日7日に変更!

番組紹介 タオのひけつ

 こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

先日記事アップした「きわめびと」ですが、
熊本の地震の関係で、放送が延びたようです。

 

 

【前回の記事】

「落語に学ぶ“雑談力”」立川談笑が、コミュニケーション術を伝授!NHK「助けて!きわめびと」

 

 

大きな揺れは、減ったものの
まだまだ不自由な、生活をされている方も多いことでしょう。



心より、お見舞い申しげます。



さて、「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」ですが、
本日放送だそうです。

 

 

話し下手というのは、色々な種類がある様で

 

 

  • 家族以外は、話せない
  • 特定の友人しか話せない
  • 仕事の話しならできるけれど、個人的なことは話せない
  • 個人的なことは、話せるけれど、仕事関係の場合に話せない
  • 注目されると話せない

 

 

などなど、色々ありますが、
どのパターンも、共通することがあるのではないでしょうか。

 

 

 

それは、「うまく話そう」とすること。

 

 
納得させようとか
共感してもらおうとか
いい人と思ってもらおうとか
 
このような気持ちが強いと
一回失敗したときのトラウマで、同じようなシュチュエーションになった時
 
 
 
必要以上に、かたくなり
どんどん話し下手になってしまうそうですよ。


このあたりは、『タオのひけつ』
「第六章 ありのままに生きる」にわかりやすく書いてあります。
 
 
 
ぜひ、ご覧ください。
 
 
 
 

 「助けて!きわめびと」「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」詳細

 

 

■ 4月16日(土)

■ 午前9時30分~ 午前9時55分

■ http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/

■ 「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」

■ テーマは“雑談力”。
「お客と話がうまく続けられない」と悩む営業マンが、
落語 家・立川談笑に特別に弟子入りする。
落語家が雑談力をつちかうため に、師匠 の世話係を通して磨く意外な能力とは?
あらゆるコミュニケーションの場に応用 できる、
相手と「心をシンクロ」させるコミュニケーション術 とは?
江戸から つづく日本の伝統の話芸、落語に学ぶ“雑談力”。
もういまどきの若者なんて言わせない!なるか話上手への大変身!

 

 

f:id:noboru0324:20160401140239j:plain