読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

「落語に学ぶ“雑談力”」立川談笑が、コミュニケーション術を伝授!NHK「助けて!きわめびと」

タオのひけつ 番組紹介

こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

特に、目的もなく話す
いわゆる『雑談』が苦手な方が増えていると聞きます。

 

 

私も、学生時代はとても苦手で
意味もなく、おしゃべりするという事が苦痛で仕方なかったのです。

 

 

「雑談」は、しなくとも困るものではないと思っていましたが
だんだんと世界が広がり、多くの人とかかわるようになると



「雑談力」

「コミュニケーション力」



が、高いほうが
なんだか楽しそうに思え、少しづつ自分で努力をするようになりました。

 

 

ですが、なかなか一人ではうまく行かないものです。



社会人になってからは、
仕事の話しや、かなり年上の方には驚くほど


すらすら話せるのに、
これが、一旦プライベートになったり
個人的に仲良くなりたいなーと思った時点で、口ごもるのです。

 

 

一見、改善されたように思えた
「雑談力」ですが、仕事の時とのギャップに



さらに、コンプレックスになってしまった事を思い出しました。

 

 

さて、16日(土)午前9時30分~ 午前9時55分の
「助けて!きわめびと」は

 

 

「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」だそうです。

 

 

短い番組ですが、

「お客と話がうまく続けられない」と悩む営業マンが、
落語 家・立川談笑に特別に弟子入りする。

という、私の逆バージョンです。

 

 

落語家さんと言えば、
別名『噺家さん』と言われる、話しのプロ。

 

 

雑談が苦手~という方や、
コミュニケーションをとるのが、へただなーと感じる方は、
ご覧になると、ヒントをもらえるかもしれません。

 

 

で、私ですが、
老子の『ありのまま』に出会って、劇的に変化しました。

 



まず、話しなれることから始め

 

 

  • いいことを言おうとか
  • 相手がどう思うかとか
  • こう思ってるにちがいないとか

 

 

色々なものを、一旦横に置いて、
話す練習をしましたら、今では、自他ともに認めるおしゃべり好きです。

 

 

そのきっかけになった、
老子の『ありのまま』が、わかりやすい本を、ご紹介します。

 

 

「雑談力」を磨き、コミュニケ―ションの悩みを解消する 老子の本

 

 

私が出会った『ありのまま』が
一番わかりやすく、読みやすい本が『タオのひけつ』です。

 

 

優しい語り口調や
具体的なたとえが、情景が目の前に浮かぶようなのです。

 

 

特に、コミュニケーションや、
雑談力アップに関係する「第六章 ありのままに生きる」が、おすすめです。

 

 

第六章の、気になる中身だしを
ピックアップしました。

 

 

  • 「人とうまく話せない」という悩み
  • 本心からの言葉は相手の心にスッと入る
  • 無理に飾らず、自分のままに

 

 

このあたりを、ご覧いただけると
かなり気持ちが楽になるのでは、ないでしょうか。

 

 

 

ぜひ、一度『タオのひけつ』を、お手に取ってみてください。

 

 

f:id:noboru0324:20160411143312g:plain

 
心とからだを改造し、
運命を自分で切りひらく『タオ』の法則

早島妙瑞 著
出版社:学研パブリッシング
定価(税抜)1,800円

f:id:noboru0324:20160218115703p:plain

 
 
 

 「助けて!きわめびと」「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」詳細

 

 

■ 4月16日(土)

■ 午前9時30分~ 午前9時55分

■ http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/

■ 「落語に学ぶ“雑談力”~話し下手店長×立川談笑~」

■ テーマは“雑談力”。
「お客と話がうまく続けられない」と悩む営業マンが、
落語 家・立川談笑に特別に弟子入りする。
落語家が雑談力をつちかうため に、師匠 の世話係を通して磨く意外な能力とは?
あらゆるコミュニケーションの場に応用 できる、
相手と「心をシンクロ」させるコミュニケーション術 とは?
江戸から つづく日本の伝統の話芸、落語に学ぶ“雑談力”。
もういまどきの若者なんて言わせない!なるか話上手への大変身!

 

 

f:id:noboru0324:20160401140239j:plain