老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

座りすぎは、代謝が下がる。─ あさイチの「座りすぎ」特集見ました。

こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。



以前、延期になった
あさイチの「座りすぎ」特集、今日放送されました。



ご覧になりましたか?

 

早稲田大学の岡浩一朗教授がゲストで登場され、
最近「座りすぎ」は、体に良くない
との研究結果がでていると話されていました。

 



【参考ページ】スポーツ:オピニオン:教育×WASEDA ONLINE



番組中「座りすぎ」は、様々な生活習慣病の原因に
なりかねない・・・と言われましたが、



なかなか元気なかたには
実感がわかないかもしれませんね。



ですが、ちょっと気になったのが、「代謝が下がる」


たしかに、ずっと座っていると
足がむくんだり、冷たくなったりしやすいと感じますし
なにより太りやすくなる。


 

体をうごかしていないからなのかな~?
と安易に考えていましたが、

 



なんと、足のふくらはぎのところには、
全身の筋肉の約7割があつまっていて、動かさないと



代謝にも影響し、
エネルギーの消費量も体全体、俄然下がる!
ということも言われていました。

 


ただ「座ってる」その場面だけに
影響するということではないようなのです。

 




代謝がさがる。
と一般的には言いますが、

 



「気」の世界では
「気」の滞りと言います。

 

 

【参照ページ】座りすぎは気が滞る | 生きるタオ

 

 

代謝が下がる=気が滞っている
これは、足とか腰とかの部分だけの

 

 

その滞りをとって代謝をよくする方法も、
番組中では、紹介していましたが、


個人的には、同時に一日の生活の見直し、
仕事や、日常でも、ずっと座り続けない工夫が、大事なのだなと感じました。

 

 

そして、気の滞りには、かんたんな動作でできる
気のトレーニングがおすすめです。



座りすぎで、代謝が下がった時は、
第3章の『生活の中での健康術』を参考にされてください。
根本的に解決ができますよ。

 

nihondokan.co.jp