読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老子と気を人生にいかす本とりそろえました

老子の生き方「タオイズム」と、タオイズムを実践する方法「気のトレーニング」の専門書店『早島BOOK SHOP』のブログです。

和光同塵 【定本・老子道徳経の読み方 第四章より】

 こんにちは、
TAOのの本専門店、早島ブックショップです。

 

 

定本・老子道徳経の読み方」を読んでいます。

f:id:noboru0324:20151113135329g:plain

 

 

老子道徳経 四章 原文

 

 

道は冲にして、之を用うればあるいは盈たず。


淵として万物の宗たるに似たり。

其の鋭を挫き、その粉を解き、
其の光を和らげ、其の塵に同じくする。

湛として、あるいは存在するに似たり。

吾誰の子か知らず。帝の先に象たり。

 

 

和光同塵

 

 

定本・老子道徳経の読み方 第四章にある言葉
和光同塵】とは、仏教用語・・・ではなく、老子の言葉だそうです。

 

 

本当に「道」を知った人は、
自分の才能や、能力を自慢したり、得意げになったり
見下したり、鼻にかけたりしない。

 

そんな言葉の中で私は、



「道」を知った人は、
みんなそれぞれが
すごいことを知ってるのではないか?

 

 

「道」を知った人は、
みんな天から見れば
似たりよったりということに、気が付いたのではないか?

 

 

そんなことを思いました。



それぞれが、素晴らしい存在。
それぞれが、天才。
そして、それぞれが、似たりよったり。

 

 

天の道とは、こんなことでは
はいのかな~?と思いました。

 

 

あなたは、この老子道徳経の中にある
和光同塵」どう感じますか?

 

 

 

nihondokan.co.jp